サドル探しの旅は果てしない??

Category: 自転車&サイクリング  06/16 /2014 (Mon)

2014年06月16日 (月)


昨日は2週間ぶりのサイクリング ♪

久し振りでとても楽しかった ♪



それにしてもサイクリングの間隔が空くと

ブログが単なる日常日記になってしまうのは

ご容赦願いたい (笑)



さて

昨日のサイクリングもそうだったのだが

又 いつの頃からかは定かではないが

ここのところ自転車に乗って5~10km走ったくらいで

左足付け根 (大腿骨間接) に痺れた様な痛みが出てくる onz

痛み自体は我慢できる程度なんだが…



その時の対策として

お尻を前後にずらしたり

スタンディングでお尻を浮かせたりして

鬱血していた血流を促して痛みを緩和しています



暫くすると

いつの間にか痛みが消えて

痛かったことを忘れてペダルを漕いでいます



何が原因なんだろう?

考えられることを列挙してみた



①.サドルは自転車購入時に付属していたもので

  以前は特にその様な痛みを感じたことはなかったので

  サドル自身 (形状や硬さ) に問題は無いと思う



②.以前サドル高さを少し上げたが

  それは自転車を購入して比較的直ぐの段階で

  痛みを感じるようになるかなり前のことである



③.シューズのクリート位置を調整した

  調整後の左足クリート位置に

  僅かな違和感を覚える時がある



今のところなんだか③が一番くさい

クリートの調整自体もだいぶん前の話になるが

その頃から症状が出ていたような気がしないでもない…



まずクリート位置に違和感を覚える時があるにも拘わらず

再調整をしていないこと自体が問題である !!

そこには面倒臭がりのおいらが見え隠れしている (笑)



今度自転車に乗る前に左足クリート位置の再調整をしてみよう



それでも治らない時は

サドルの位置 (前後高さの) 調整を行ってみよう



それでも治らない時は

巷で噂されている 【 サドル探しの旅 】 に

出なければならないのかもしれない (笑)



先述した通り

おいらの自転車のサドルは

自転車購入時に付属していたもので

触り心地は硬くてお世辞にも軟らかいとは言えない



自転車に乗り初めの頃は

とてもお尻が痛くなっていたが

今では慣れてしまって痛くは無い

と言ったら嘘になるが

そんなものだと思っているし

特に大きな不満や問題も無い

おまけにこのサドルしか知らない

一途な愛だ (笑)



強いて不満を一つだけ挙げるとすれば

カラーリングかな…?

☆ フレームはカーボン繊維調の黒ベースに赤が配されている

☆ コンポはガンメタ

☆ ホイールはフルクラの赤いスポーク ♪

☆ ボトルケージはフレームと同様のカラーリング ♪

☆ バーテープは赤 ♪


IMGP2675.jpg 
写真は 2014.03.08 撮影 

なのにサドルは真っ白 !?


IMGP2586.jpg 
写真は 2013.11.23 撮影


これを考えると左足付け根の痛みとは別に

【 サドル探しの旅 】 に出なければならないのかも~ ♪



他のブロガーさんのブログを見てみると

【 サドル探しの旅 】 は果てしなく遠いらしい…



イタリアから遠く離れたアルゼンチンまで

母を尋ねた少年マルコの旅のように (笑)


母をたずねて三千里 


しかもサドルは必ずしも高価だから良くて

安価だから悪いという訳ではないらしい

【 十人十色 】 ならず 【 十人十尻 】 で

お尻の形 (骨格) も人それぞれだから

このこともサドル探しを

より一層難しくしている要因の一つらしい



まぁ高価なサドルが絶対的にお尻に良ければ

高価なサドルを買いさえすれば一発で解決しますからね

確かに難題です



取り敢えずは

左足クリートの再調整を行って暫く様子を見て

次にサドル位置の調整を行ってみます



そして物欲のロウソクに火が点れば

宇宙の彼方イスカンダルへの旅立ちを

考えてみましょう (笑)


よろしければ 『 ロードバイク 』 の
バナーば押しちゃりー (^-^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 
にほんブログ村
スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback