仲間の死 (*´σω・、)

Category: 独り言  10/04 /2015 (Sun)

2015年10月04日 (日)


こんばんは!

Piccolino です




一昨日

仲間が 亡くなりました…






オートバイ の仲間です






お亡くなりになった仲間は

おいらよりも 3 歳年上の

48 歳なんですが

親しみを込めて H くん と

「 くん 」 付けで

呼ばせて頂いていました



おいらが バイク 屋に通い出したのは

今から 26 年前の 19 歳の頃!

その頃

もう既に H くん は

車椅子に乗っていました!



この数年前に

バイク 事故で 半身不随に成り

車椅子が必要な体に成っていました



それでも H くん は

苦しさや辛さは 全く顔や態度には出さず

いつも元気で明るく朗らかで

おしゃべりが大好きでした ♪



今こうして目を瞑ってみても

H くん の笑顔と笑い声しか思い浮かびません!



以前は

実家が在る 愛しか糸島に住んでいましたが

今では 別の所に住んでいましたので

ここ 2年程は 会っていませんでした



先月 風の便りで

体の中に膿が溜まり

外科手術で 体を開いて

それを除去 & クリーニング を

やるとの事でした



しかし…

結果的にそれが原因で

体中に菌が回り

多臓器不全でお亡くなりに成った

との事でした…



昨日 仕事をしていると

H くん が 亡くなったとの連絡が

9 時過ぎに入りました!

全く信じられませんでした

仕事も もう手に着きませんでした!

午後から 有給を取って早引けしました



帰宅時に バイク 屋に寄ってみると

仲間数人が集まっていましたが

その時点では

誰も詳しい事は分かりませんでした


夕方

H くん の通夜式に参列

焼香そして通夜式を終え

お棺の中で眠る H くん と

最後の別れをしました



いつも明るく元気だった H くん とは

全く別人の様でした

だけど H くん の顔を見た途端

もう涙が止まりませんでした



通夜式後のロビーで

仲間と集まっていましたが

それでも涙が止まりませんでした

次から次に涙が溢れてきて止まりません!



すると…

Y本先輩が

「 煙草吸いに行くぞ! 」

と煙草を吸わないおいらを

外に連れ出してくれました

Y本先輩は 黙って煙草を吸っています

おいらは傍で Y本先輩に背を向けて

誰も居ない夜空を眺めていました

それでも涙は止まりませんでしたが

暫くすると

漸く涙も落ち着き

ロビー へと戻っていきました



通夜式後は

仲間数人で近くの店でお茶をしながら

H くんを偲びました



本当にいつも元気で明るかった H くん

いつも楽しく笑顔が絶えなかった H くん

安らかにお眠り下さい


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 
にほんブログ村
スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback