ピナレロさん! 何でそんな構造にしちゃったの? (-公- ll)

Category: 自転車&サイクリング  05/12 /2015 (Tue)

2015年05月12日 (火)


今宵もまた飽きもせず

5 月 3 日に開催された

「 雨の ツールド 国東 」 走行後の

大規模 メンテ の続きです w

щ(`∀´щ)
ホントだぜ!w
このメンテ記事って
いつまで続くんだよ!



昨日の記事では

シートポスト を一旦外し

フレーム 内への雨水浸入が無いかの確認を行って

再び シートポスト を フレーム に取り付けて

復元していました

22_20150511201810df0.jpg 



その写真を見てみると

他に何やら変わった トコ があるぞ!

さて何処でしょう?

w(@Д@)w
う~ん、わからん…

と言うところで

昨夜は時間切れに成り

続くのだ! m9っーoー)

と言う事に成っていたんだが w






で…






その答とは…






ステム が変わりました ♪ www

(´-д-)-3
何だ… そんな事かよ!

ステム を元の長さよりも 30 ㎜ 延長 ( 80 ㎜ ⇒ 110 ㎜ ) しました ♪

ついでに

スペーサ 1 枚分 ( 10 ㎜ ) 下げました ♪

23_20150512200626d60.jpg 

24_20150512200627bc1.jpg 



この自転車を購入した時には

アナトミックハンドル が

イニシャルインストール されていました

下 ハン を握ると…

ポジション に若干の窮屈さを感じました

しかしそんな事は

然程問題ではありませんでした

おいらは手が小さいので

アナトミックハンドル で下 ハン を握ると

ブレーキレバー に指が届き難くくて

ブレーキ操作がやり難い!

と言う事に成っていました orz



そこで…

ショートリーチ の コンパクトハンドル に換えて

その問題点を改善していたのだが

この ショートリーチ の

コンパクトハンドル に換えた時点で

下 ハン を握った際には

更に握り位置が手前に寄って来ていたので

もっと窮屈な ポジション に

成ってしまっていました orz

本来ならばその時に

その分 ( +α ) だけ長くした ステム に

同時交換しとけば良かったのですが

そのまま放置していました w



されど…

ダウンヒル の際に下 ハン を握ると

やっぱり窮屈で操舵し難い!

と言う事で

これを機に

以前買っていた アルミ 製のお安い ステム と

入れ替える事に ♪

Ψ(`▽´)Ψ
これで放置されていた ステム も
やっと日の目を見れる様に成ったな w



何と言う事でしょう!

不思議な事に

ステム が長く成ると

自転車が一回り大きく成った様に見えるのは

気のせいでしょうか?

暫くこの長さで乗ってみて

問題が無ければ

もっと良い ステム を物色してみよう

(*´д`*)♪
やっぱりステムは
長い方が格好良いなぁ♪



ここで…

冒頭から…

「 ステム 」

「 ステム 」

と言っていますが

ステム の交換が本来の目的ではありません w

本来の目的は…

ヘッド 内への雨水浸入の確認です!

щ(`∀´щ)
やっと メンテ 話に戻ってきたな w

ステム と スペーサー を外し

ヘッド 上部の トップキャップ を外すと

ONDA フォーク を下に抜く事が出来ます ♪



しかーし!

そうは問屋が卸しません!

一般的な ヘッド の軸受には

シマノ や カンパ の ハブ の様に

カップ & コーン 方式が採用されていて

フォーク の脱着, 分解, 清掃, 給脂が

簡単に出来るのですが

不幸な事に ピナレロ はそうではありません

(TωT) そーなのー!?



ヘッド 内には

2 個の深溝玉軸受 ( シール 付 ) が

組み込まれていて

インナーレース, アウターレース 共に

圧入組込みされています (TωT)

( インテグラルヘッド と言います )

なので簡単には分解する事は出来ません

インナーレースは圧入ではないが…

カンパ / フルクラム の

フリーボディー 用軸受構造と似た感じだね! (*^ー゚)b

勿論、 圧入強度は ヘッド の方が勝ります



でも何故 ( なにゆえ ) 深溝玉軸受なんだろうか?

アンギュラ玉軸受でもないし…

従来の カップ & コーン 方式ならば

適正に玉押し調整が成されていれば

基本的には

スラスト 方向にも ラジアル 方向にも

ガタ はありません!

対する深溝玉軸受だと

スラスト 方向にも ラジアル 方向にも

ガタ があります

メーカーの設計者から言わせると

自転車の ヘッド に関して言えば

使用上問題無い範囲 ( 許容範囲内 ) の

ガタ だから大丈夫!

と言う事なんだろうか?

詳しく調べた訳ではありませんので

定かではありません



また、 カップ & コーン 方式だと

ラジアル 方向と スラスト 方向の荷重を

十分受ける事が出来るんだけど

深溝玉軸受だと ラジアル 方向荷重が主で

スラスト 方向荷重は…

受けれない事はないのだが

大幅に制限されてしまいます

勿論、 設計上では

ライダー の体重により生じる スラスト 荷重や

走行中に路面からの突き上げによる スラスト 荷重

等々を含んだ全てのスラスト荷重をも

この採用している深溝玉軸受で

十分受ける事が出来るんだろうけど…

それでもやはり

メンテ 性が良い カップ & コーン 方式を

採用して欲しかったな

(TωT) どぼじでなの…



ま~でも メーカー 側からすると

ユーザー や販売店が行う

メンテ のやり易さなんかよりも

部品点数の削減や

製作 コスト 削減を図れて

安価で容易に大径軸受を採用出来て

この ヘッド は大径軸受を採用してるんで
剛性 UP をしてますぜ~!
下りもガンガン飛ばせますぜ~♪

って売り文句を前面に押し出して

大きな声で訴える事が出来るので

そちらの メリット の方が

遥かに大きいんだろうね!

ヘッド 内に全ての パーツ が収まっていて

外から見えるのは トップキャップ だけだから

確かに見た目も格好良いしね ♪



まぁ…

ユーザー 側の メリット としては…

軸受が逝っちゃっても

個人で軸受を容易に入手し易い

って トコ くらいかな… w

普及品だからね ♪

値段も 1 個当たり数百円で済むでしょうし!

( メーカー 純正は セット 当たり 数千円 wwwwwwwwww )

それでもやはり…

分解 ・ 清掃 ・ 復元がやり易い方が

おいらは遥かに良いんだけどなぁ… (-公- ll)



って…

話は逸れてしまったが

今の構造でも

コラムエンド を プラハン で

ガッツンガッツン とやっちゃえば

フォーク は抜けるとも聞きますが

ちょっと怖いので今回は止めときます w

フォーク を交換するのなら話は別ですが

基本的には シールドタイプ の軸受が

採用されていますので

軸受が生きている内は

フォーク を抜いても意味はありません

軸受がもし逝ってしまったら考えてみます w



で…

実際に ヘッド 上部の トップキャップ を外して

中を覗き込むと

上側の シールド 軸受 ( の側面 )

を確認する事が出来ます

残念な事に若干水が浸入して

溜まっていました! orz

( 写真は撮り忘れてしまいました… )

25_20150512203219eae.jpg 



ハウジング 内と軸受側面には

防水 ・ 防錆目的で

グリス が塗布されていますので

錆は発生していない模様 ♪

浸入した雨水も

グリス のお蔭で油分に弾かれて

玉状に成って溜まっていて

染み渡ったり、 染み込んだ感じでは

ありませんでした ♪



車体を手で持って前輪を浮かせて

前輪を左右に切ってみても

軸受の動きは軽くてとても スムーズ ♪

ゴリ 感や引っ掛かりなどは皆無でした ♪

取り敢えず今の所

軸受には問題無い様だったので

浸入していた雨水を取り除き

防水 ・ 防錆目的で塗布されていた グリース 量に

若干の不足 ・ 不安を感じたので

今度は多めに充填して

ヘッド 上部 の トップキャップ で再び封印する事にしました ♪

但し、 内部への水の浸入が確認出来た以上

近い内に軸受に錆が発生する可能性がありありです! v(≧Д≦)v

今後は軸受の動き ( ゴリ 感や スムーズ さ ) に

注意を払いながら様子をみていく必要があります…



ヘッド を再び閉じて

軸受が錆びない呪文を書いたお札で封印したところで

今宵のお話はここまでじゃ w

この続きはまた明日以降にでもお話します ♪



※ 自己の整備は、あくまでも自己責任で!
※ 自信が無い方、 安心を買いたい方は
※ 必ず プロ の ショップ にお任せ下さい


やっぱり雨の日 ライド の代償は
大き過ぎるよねぇ… orz
と、 ご賛同して頂ける方は
『 ロードバイク 』 の バナー を…
m9っ^-^) ポチッ ♪ とお願いします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 
にほんブログ村

【 今日の健康診断 】
体**重 : 75.1 kg
体脂肪率 : 25.0 %

スポンサーサイト


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

ふむふむ
言われていることさっぱりですが
やはり其処も侵入ありましたか。
マリン号ではちと錆がきているあたりですね。
やはりメンテ本用意して解体か。。。

行ってる場所は猪と猿ばかり・・・
残念ながら胸キュン♪どころか
(||゜Д゜)ヒィィィ!人類がいるー!!ですが、
トラブったときの我が身の為にも
自力復旧のスキル身につけときます。

Posted at 22:29:47 2015/05/12 by Tarassaco

Comment

Re: Tarassaco さんへ

こんばんは、Tarassaco さん (^-^)
コメント ありがとうございます ♪

Oh~!
ヘッド部に錆ですか… (+-+)

マリンちゃんの前輪を
少し浮かせる様に車体を持ち上げて
ハンドルをゆっくりと左右に切ってみて下さい
ハンドルの動きに
 ・スムーズさはあるか
 ・引っ掛かりは無いか
 ・違和感やゴリゴリした感触は無いか
などを確認されて
もし異常を感じたら
一度、自転車屋で診て貰った方が
良いかもしれませんね~
(6 ̄ ω ̄*)

********************

> ふむふむ
> 言われていることさっぱりですが
> やはり其処も侵入ありましたか。
> マリン号ではちと錆がきているあたりですね。
> やはりメンテ本用意して解体か。。。
>
> 行ってる場所は猪と猿ばかり・・・
> 残念ながら胸キュン♪どころか
> (||゜Д゜)ヒィィィ!人類がいるー!!ですが、
> トラブったときの我が身の為にも
> 自力復旧のスキル身につけときます。

Posted at 20:27:49 2015/05/13 by Piccolino

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback